助産院のクリスマス会に参加してきた

Blog

我が家がお世話になっている助産院では、毎年クリスマス会が開催されます。
去年は、次女氏の妊娠がわかったばかりで、長女氏と私の二人で参加しました。
今年は、無事に次女氏が産まれ、家族4人で参加できました。


開始10分前くらいに会場に着いたのですが、既にお客さんが沢山集まっていました。
会場に入る・・・前に場所見知りで入場拒否の長女氏。

君初めてじゃないじゃん!もう4回目なのに今更?!
仕方なく、パパと次女氏だけで中へ。私と長女氏は、入り口で長女氏が入りたくなるまで待っていました。
待っている間に、先生達が声をかけてくれたのですが、なかなか中には入りません(^-^;

演目が始まり中から楽しそうな歌が聞こえるとやっと興味を示し、中に入れました。

 

演目は、助産院と縁のある方たちの歌やダンス、剣道、東北地震支援の物販、
全体でのプレゼント交換、助産院で開催されているリトミック教室の出張版、助産院のスタッフさんによる弾き語り、など。
中には毎年披露してくれる子もいるので、その子達を見ると成長したなぁと勝手に感慨深くなります。
リトミックでは、0歳5か月の次女氏も笑顔で楽しんでいました。(4歳長女氏は恥ずかしがって拗ねてました)

 

間が空くと、MCのK先生が「喋りたい人コーナー」と、参加者へマイクを向けるイベントが発生します。
K先生は、私がイラストレーターをしていることは勿論知っているので、宣伝としてマイクを渡してくれたのですが・・・

喋るの下手か!!!!!!!!!!
全然宣伝できんかった・・・
毎年宣伝していけ~言われるので、来年はイラストパネルとか持っていこうかな・・・(喋るの下手だしイラスト屋はイラスト見せないと始まらんよな)

 

最後は今年の流行「パプリカ」をみんなで踊って終わりました。

 

私が出産した助産院BLBホームは、東京都東村山市にあるアットホームな助産院です。
ここで大切なことを色々教わりました。
BLBホームは来年で20周年だそうです。
これまでどれだけ沢山の家族と関わり、赤ちゃんをとりあげ、どれだけのママたちを励まし救ったのだろうか。これだけ長く続き、多くの家族が集うのは、先生の力があってこそだと思います。
不安なことがあったら相談したり、リトミックやソーイング教室などで助産院に遊びに行ったり、毎年クリスマス会へ参加したりと、出産が終わっても繋がりのあるこの環境に感謝です。
今年も楽しかったで~す(*’▽’)

 

タイトルとURLをコピーしました