勉強

Araki Mizuhoさんトークイベント「プロ作家のHow To」

6月6日(土) ぽたかふぇ。さんにて開催されました、Araki Mizuhoさんのトークイベント「プロ作家のHow To」に参加してきました。
内容は、著作権について、契約書について、確定申告について。
Araki Mizuhoさんが実際に活動されているあいだに学ばれた内容や、経験談をお話して頂きました。
私にとっては、知らないことだらけでした。
まだまだ経験のない私ではありますが、だからこそ、必要なお話だったと思います。
さっそく今から行動を開始したいと思います。
ランチ付きということで、美味しいキッシュプレートを頂きました!
写真を撮りたかったのですが、時間がなくて断念・・・。
写真はまた次の機会に。
キッシュというお料理、あまり食べた事がなかったのでドキドキでした笑
端っこにたっぷりパイ生地があって、お菓子みたい!
また食べたいです(`・ω・´)
第4回として、7月4日(土)にも開催されますので、ご興味のある方は是非!(人数限定ですのでお早めにどうぞ。既に満席でしたらすみません・・・)
詳細(Araki Mizuhoさんtwitter記事へ)→https://twitter.com/umitategg/status/602757681779068928

パステルの会

作家友達のヒラノヒロミちゃん(@hiromi_hrn)とパステル教室に行ってきました。 用意されたパステルは6色。 それらを混色して描きましょうー。というものでした。 生徒さんは、サラリーマンご夫婦や母娘さんなど、色々な方がいらっしゃってました。 同じ手順、ほぼ同じ色で作業したのに、出来上がった作品は、みんなそれぞれ特色のあるものになり、見ていてとても楽しかったです。 パステル触ってみようと思いました。 1作品目。 黄色、ピンク、ブルーで虹を描いてみましょう~。

fc2_2015-03-19_11-02-29-954

2作品目。 桜を描きましょう~。

fc2_2015-03-19_11-03-03-539

 

3作品目。 自由に1モチーフ。 人魚のしっぽ。 

IMG_20150319_105458

第三回講評会

イラストレーション1年コース最後の講評会でした。
講評作品は、本1冊です。
イラスト集、イラストエッセイ、絵本、漫画の予告編など、みんなそれぞれに一冊本を仕上げました。
私にはない技法や発想で、とても興味深かったです。
私はと言いますと、
過保護な親に育てられた子供から 親へのメッセージイラスト集 とし、中身は読み手を不快な気持ちにさせる内容を執筆致しました。
頂いた講評は、状況が判りづらい絵がある、人物が居ない方が状況が伝わるのでは、絵以外の表現方法も学ぶべき、等。
課題はやはり、伝えたい内容を伝えられる絵をいかに描けるか、に尽きると思いました。
この本は、今後ページ数を増やして販売する予定ですので、ご興味をもたれた方は見てあげてくださいませ。
また、現段階のものを終了展で展示するそうです。
日程決まりましたらこちらでご連絡致しますので、その時でも良いかもしれません。
自分の思いを発信することは、技術の足りなさ、どのようにしたら伝わりやすいか?、社会のしがらみなど、大変難しいと実感した一年でもありました。
これからも精進したいと思います。
以上

第2回イラレ教室

笠原ひろひとさんを講師に、イラレ教室を開催して頂きました。 前回教えて頂いた事を忘れていて申し訳なかったり・・・(^^;) でもこれで、疑問だった犬の手を納得いく方法で描けるようになりましたよ! イラレ絵次回までにまた描いておきませう。 お昼はおしゃれーなところでパスタ食べました。 ひー!一人じゃこんなところ入らないよーΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)ってところでちょっと緊張しました。 前菜食べ放題ですよ!食べ放題!って、あぁいうところは“食べ放題”じゃなくて、お洒落に“ブッフェ”っていうのか。 ハムみたいのとか、キッシュとか豆煮とか、もの珍しいものが沢山!! 恥ずかしいと思いつつ、写真撮ってきましたよ笑

DSC_0660

その後、きくさんに場所を教えて貰い世界堂へ。 木パネ買うんだ、とか言いつつ、 家にある大きいサイズので済ませればいいか、となり、結局買わず。 水彩絵の具に人形と、全く別の物を購入しました。 その後(2回目)1年ぶり位にお洋服を買いにマルイとイノワへ。 これから今まで着ていたお洋服着られなくなりますからね!ベビードールOPでも買おうかと!思ったのですが!! やっぱりこの元手じゃロンTくらいしか買えないよね~(´・_・`) 結局冷やかしして終わり。 暫くは自作するかなぁ・・・。以上、特に内容の無い更新でした。 私が根性無いばっかりに、1ヵ月弱引きこもり、皆様にはご迷惑ご心配お掛けしましたこと、誠に申し訳ありませんでした。 このように、なんとかなるようになったので、社会復帰頑張ります。 皆様にはこれからもご迷惑をお掛けするかと思いますが、何卒宜しくお願い申し上げます。 以上